1等・前後賞あわせて10億円が当たる「年末ジャンボ宝くじ」が22日、全国で一斉に発売された。

東京・銀座の宝くじ売り場には、3日前から並ぶ人もいるなど、販売開始前からおよそ300人が列を作った。

訪れた人たちは早速、10億円獲得の夢を求めて購入していた。

買いに来た人「(狙うのは)1等ですよね。できれば前後賞も。最近入籍したので、当たったら結婚式を挙げたいですね」、「(物価高で)光熱費とか生活にかかってくるお金に関しては、影響あるのかなって感じてます。年末にかけてみようという運試しです」

インターネットでも購入が可能で、コロナ禍を受け、ネットでの販売額は年々増加しているという。

年末ジャンボ宝くじは、12月23日まで販売され、大みそかに抽選会が行われる。