長野県内初の摘発です。県が開発した高級ブドウ「ナガノパープル」の枝を無許可で販売したとして県警は、種苗法違反の疑いで県外の男性2人を書類送検しました。

県が開発した高級ブドウ「ナガノパープル」。その枝を無断でフリマアプリで販売したとして県警は種苗法違反の疑いで、神奈川県の農業の男性(36)と大阪府の派遣社員の男性(27)の2人を書類送検しました。

2人はいずれも業者から枝を買って栽培した後に枝を剪定(せんてい)。4人に合わせて8000円程度で販売したということです。

2人は容疑を認めていて「いけないことだと知っていた」「小遣い稼ぎだった」などと話しているということです。

ナガノパープルなどのブランド農産品は、無断で持ち出し販売することを種苗法で禁じられていて、摘発は県内で初めてです。