今月14日、東京・福生市で、牛丼チェーン「吉野家」と「すき家」を狙った強盗事件が相次ぎ、26歳の男が逮捕された。わずか15分ほどの間に、2つの店舗に押し入ったとされる男。借金の返済に困り、「とっさに思いついたのが強盗だった」と話しているという。

「すき家」にドッとなだれ込んできた捜査員

逮捕された小阪渉生容疑者(26)(14日午後 福生署)
逮捕された小阪渉生容疑者(26)(14日午後 福生署)
この記事の画像(18枚)
強盗事件が起きた「すき家」(14日午後 東京・福生市)
強盗事件が起きた「すき家」(14日午後 東京・福生市)

無職の小阪渉生容疑者(26)は、午前11時50分ごろ、福生市加美平の「すき家」に、強盗目的で押し入り、カッターナイフを男性店員に突きつけていた所を、駆けつけた捜査員に現行犯逮捕された。

男性店員は、首に擦り傷を負っていて、軽傷だった。金品は奪われていなかったが、被害者がケガをしているため、逮捕容疑は強盗致傷となった。

現場に居合わせた客によると、小阪容疑者は、店員と肩を組むような形で、カッターナイフを突きつけて脅し、レジの中の金を要求していたという。そこに、複数の捜査員が、ドッとなだれ込んできて、小阪容疑者を羽交い締めにして取り押さえたとのこと。

15分前に「吉野家」でも強盗事件

「すき家」に押し入った小阪容疑者が、身柄を確保される様子(視聴者撮影)
「すき家」に押し入った小阪容疑者が、身柄を確保される様子(視聴者撮影)
小阪容疑者は、羽交い締めにされ、あっという間に制圧されたという。
小阪容疑者は、羽交い締めにされ、あっという間に制圧されたという。

何ともタイミング良く、捜査員が現れたことになるが、それにはワケがあった。実は、この15分ほど前に、同じ福生市内の「吉野家」で、カッターナイフを使った同じような強盗事件が発生していた。

「若い男が現金を奪って、自転車で逃走した」との110番通報があったため、捜査員が、犯人の行方を追っていたのだ。すると、「吉野家」から1キロほど離れた「すき家」で、小阪容疑者が、強盗に及んでいるのを見つけたという。

おそらく、緊急配備が敷かれる前に、解決に至ったのではないか。警視庁の初動捜査の迅速さには驚かされる。「すき家」強盗で現行犯逮捕された小阪容疑者。その前に起きた「吉野家」強盗も、小阪容疑者の仕業とみて間違いないだろう。

母親の”ママチャリ”で移動 犯行を重ねたか

小阪容疑者とみられる男が自転車に乗っている様子。この後、「吉野家」に押し入ったとみられている。
小阪容疑者とみられる男が自転車に乗っている様子。この後、「吉野家」に押し入ったとみられている。
強盗事件が起きた「吉野家」(14日午後 東京・福生市)
強盗事件が起きた「吉野家」(14日午後 東京・福生市)
最初に事件が起きた「吉野家」から「すき家」までは、1キロほど離れていた。
最初に事件が起きた「吉野家」から「すき家」までは、1キロほど離れていた。

FNNが入手した防犯カメラの画像には、”ママチャリ風”の自転車に乗り、必死でペダルをこぐ小阪容疑者とみられる男の姿が映っていた。この後、「吉野家」に押し入り、さらに自転車で移動。今度は「すき家」に押し入っていたことになる。

このママチャリは、小阪容疑者のものではなく、母親のものだったとされる。調べに対して小阪容疑者は、「ネットゲームで知り合った仲間に50万円の借金があった。その返済に困って強盗に入ったことに間違いない」と供述。

その上で「とっさに思いついたのが強盗だった」と話しているそうだ。その後の調べで、小阪容疑者が、生活保護を受けていることも判明している。ゲーム仲間への借金返済のために、母親のママチャリに乗って、牛丼店をハシゴして、”手っ取り早く”強盗に及んでいたとは・・・。何とも、あきれた話だ。