人気ゲーム「ドラゴンクエスト」の新作の開発情報をめぐるインサイダー取引事件で、東京地検特捜部は、きょう、ゲームクリエイターの中裕司容疑者(57)を新たに逮捕した。

特捜部の発表によると、中容疑者は、ゲーム会社大手「スクウェア・エニックス」(スクエニ)の社員だった2020年1月下旬ごろ、スクエニとオンラインゲーム制作会社「Aiming」が共同で開発を進めていた、スマホ向けの新作ゲーム「ドラゴンクエストタクト」に関する重要情報を知ったという。

中容疑者は、その情報が発表される前に、「Aiming」の株式およそ1万株を、およそ280万円で買い付けたとされる。逮捕容疑は、金融商品取引法のインサイダー取引。

中容疑者は、スクエニの社員だった当時に、インサイダー取引に手を染めたとされている
中容疑者は、スクエニの社員だった当時に、インサイダー取引に手を染めたとされている
この記事の画像(3枚)

この事件では、きのう、スクエニ元社員の佐崎泰介容疑者(38)と、知人の鈴木文章容疑者(40)が、同じくインサイダー取引の疑いで逮捕されている。2人は、Aimingの株式合わせておよそ16万2000株を、およそ4720万円で買い付けたとされる。

3人とも、「ドラゴンクエストタクト」に関する情報が発表されれば、Aimingの株価が値上がりすると考え、株を購入したとみられている。3人が、株を売り抜けていたのかなどは明らかにされていない。

きょう逮捕された中容疑者は、「ソニック」シリーズの開発で知られる有名ゲームクリエイターだという。(トップ画像は中裕司容疑者(57)、YouTubeより)

スクウェア・エニックス本社(東京・新宿区)。これで逮捕者は3人にのぼった。
スクウェア・エニックス本社(東京・新宿区)。これで逮捕者は3人にのぼった。