ロシア製のミサイルがポーランドに着弾したことを受け、NATO(北大西洋条約機構)などがウクライナの地対空ミサイルによるものだと指摘する一方、ウクライナ側は、あらためてロシアが発射したものだと反論した。

ロシア製のミサイルは15日、ウクライナ国境に近いポーランド東部に着弾し、2人が死亡した。

NATOのストルテンベルグ事務総長は16日、「ロシアがNATOに対する攻撃を計画している兆候はない」としたうえで、着弾したミサイルは、「ロシアのミサイルを迎撃するためにウクライナ軍が発射した」との見方を示した。

また、ロシア国防省は16日、ポーランドに着弾したのはウクライナ軍の地対空ミサイル「S300」とみられると発表。

ペスコフ大統領報道官は、「何のデータにも基づかず、正確な情報を得ずに発言している」と反発した。

これに対し、ウクライナの安全保障と国防を担う高官は、16日午後、ツイッターで「ミサイルの軌跡がロシアのものである証拠を出す準備がある」と反論。

着弾現場への即時立ち入りを要請したうえで、共同での検証を主張した。