2019年、東京・池袋で起きた暴走死亡事故。

この記事の画像(9枚)

その遺族を侮辱した罪に問われている男の初公判が16日、東京地裁で開かれた。
裁判の傍聴後、取材に応じた被害者の松永拓也さんは、被告の男について残念だと話した。

松永拓也さん:
残念です。本当に。彼は、しっかりと自分自身と向き合うことはなかったんだなと

FNNの接見では「やりすぎてしまった」

2022年3月、松永さんのツイッターに「金や反響目当て」などと書き込み、侮辱罪などに問われている油利潤一被告(23)。
逮捕前の取材には、炎上目的だったと話していた。

油利潤一被告:
やっぱり炎上商法ですかね。(SNSは)目立つためにあるんじゃないかなって

油利被告は在宅起訴から2カ月後の2022年8月、ツイッターに「新宿か秋葉原でどうなるか覚えておけ」などと投稿。
警視庁の業務を妨害した罪にも問われている。

14日、FNNの接見に応じた油利被告は、松永さんらに謝罪した。

油利潤一被告:
自分もネット上で誹謗中傷されたことがあったので、やりすぎてしまった。申し訳ないです

そして、16日午後2時から開かれた初公判で、油利被告は起訴内容について「間違いありません」と2つの罪を認めた。

「別の人物への投稿」弁護側の主張に「さすがに無理が…」

その上で、弁護側は侮辱罪について争う姿勢を示している。

弁護側:
投稿は松永さんに対するものではなく、別の人物へのもの。松永さんを侮辱する意図はなかった

裁判終了後、取材に応じた松永さん。油利被告から送られた文面には、妻と娘の名前が書かれていたと指摘する。

松永拓也さん:
あの文面を送っておいて、松永に言ったわけではないというのは、さすがに無理があるなというふうに率直に感じます

松永さんは被害者として今後法廷に立ち、意見陳述を行う予定だ。

(「イット!」11月16日放送)