事故は、父親の目の前で起きた。
小学1年生の男の子が、車で学校の近くまで送ってもらった直後にトラックにひかれた。

この記事の画像(6枚)

父親の目の前で小1の男児が…

11月16日午前8時すぎ、神奈川・藤沢市で車と歩行者の事故があったと通報があった。
警察官が駆けつけたところ、小学校1年生の男の子がトラックにひかれて頭から血を流して倒れていたという。

目撃した人:
お父さんみたいな人が一生懸命声をかけて、「大丈夫か、大丈夫か」と声かけは行ってました
(Q.お子さんは何か反応はあったんですか?)
ないですね。倒れたまんまで全然反応がなくて

男の子はすぐに病院に運ばれたが、意識不明の重体となっている。

事故は、父親が男の子を車で学校に送った直後に起きた。
後部座席の助手席側から降りた男の子は…

車の前方を回って道路を横断しようとした。

そこで、後ろから来たトラックにひかれたという。

警察は、トラックを運転していた建設業の23歳の男を過失運転傷害で現行犯逮捕した。

車を追い越そうとしていたトラック

記者リポート:
小学生がひかれた現場では、容疑者立ち会いのもと実況見分が行われています

男は、仕事の同僚を助手席に乗せて仕事に向かう途中で、男の子の父親の車を追い越そうとしていたという。
警察には「いきなり飛び出してきた」と話しているということだ。

事故の現場は、小学校から約200メートル離れた住宅街。
同じ小学校に子供を通わせている保護者は、現場についてこう話す。

小学校の保護者:
ここで(車を)停めて、降ろされる方が割と(多い)。ここに下ろせば、もうちょっとで学校なので、1年生でも歩いて行ける距離なので。学校の方からも「学校の周りには車を停めないでください」とは言われているので

警察は当時の状況などを詳しく調べている。

(「イット!」11月16日放送より)