コードネーム「OSO18」。
北海道で今、最も恐れられているヒグマ。

その動く姿が、ついに公開された。

画面の下、暗闇でうごめく黒い影。

あざ笑うように、わなをかいくぐり、人前に一切姿を見せないことから、謎のベールに包まれていた「OSO18」。

2019年から2022年にかけ、牧場で放牧していた牛65頭が襲われた。

そんな中、これまでの調査で、少しずつ見えてきた正体。

北海道などによると、大きさは、およそ2メートル、体重は220kgから320kgほど。
足の幅は16cmから17cmとみられ、一般的な大人のヒグマと変わらないことがわかった。

今後、冬眠する前に、雪に残る足跡を追跡。
居場所を突き止めたうえで、捕獲を目指すという。