東京高検の黒川検事長が、自身の賭けマージャン問題を受けて、法務省の事務次官を通じ、首相官邸に辞職の意向を正式に伝達した。

また黒川氏は、訓告処分を受けることになった。