東京都で21日、新たに11人が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。

緊急事態宣言解除の目安となる直近1週間の感染者数が、初めて下回った。

関係者によると、都内で新たに感染が確認されたのは、11人。

緊急事態宣言を解除する目安の1つとなる直近1週間の感染者数は、「10万人あたり0.5人程度以下」で、東京の場合、1週間で70人程度だが、21日までの1週間の合計では59人と、目安が示されてから、初めて下回ったことになる。