東京・千代田区で、14日、暴力団追放の意識を高めようと「暴力団追放都民大会」が開かれました。

今年で30回目となった大会にはおよそ1000人が参加し「暴力団と交際しない、恐れない、資金を提供しない、利用しない」の基本理念が確認されました。

暴力団対策法が施行されて以降、構成員の数は最も少なくなっていますが、引き続き、官民一体での暴力団排除が呼びかけられました。