新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園の中止が決まったことを受けて福島県内の高校の関係者からは落胆の声が聞かれた。

磐城高校・渡辺純監督:「何となく覚悟していた部分はあったんですけど…ショックですね」

新型コロナウイルスの影響で春のセンバツが中止となり出場が叶わなかった磐城高校。

感染拡大を受けて休校が続き部活動も休止となる中、野球部の選手たちは渡辺新監督のもと「夏の甲子園出場」を新たな目標に掲げ自主トレーニングを続けてきた。

磐城高校・渡辺純監督:「(岩間主将からは)野球を通して今まで体験したことは、これから先の人生において、何かの糧になるはずだと。キャプテン自身はもう既に前を向いて歩き出そうというのが感じられました。このメンバーで、試合が出来るのもその3年生が引退までですので、彼らと一緒に野球がしたいですね」

県高野連は中止となった県大会に関し独自の代替大会の開催を検討することにしている。