緊急事態宣言が出されたあと、買い物をする頻度が減った人が半数近くにのぼることがわかった。

消費者庁が全国の2,000人を対象に行った調査によると、4月7日に7都府県を対象に宣言が出されたあと、買い物をする頻度が「減った」とする回答が48.7%と、半数近くにのぼった。

一方、1回あたりの買い物の購入量は、「増えた」との回答が6割を超えている(62.9%)。