LINEは、2020年夏にもビデオ通話の機能を利用し、医師が遠隔から患者を診断できるオンライン診療サービスを始める。

医療機関への支払いは、LINE Payやクレジットカードなど複数の決済を順次導入する予定で、現在提供中のオンライン健康相談サービスに登録している医師の利用を見込んでいる。