東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数が今のスピードで拡大すると、2週間後には現在の2倍を超えるとの分析が示されました

東京都の新型コロナの新規感染者数の7日間平均は6452人に大きく増え、感染拡大のスピードを示す増加比は150%になりました。
専門家は「新規感染者の7日間平均が十分に下がりきらないまま増加に転じた」と分析し、「このままの感染拡大が続くと2週間後には新規感染者数が2倍を超え、感染の再拡大が危惧される」と危機感を示しました。

小池知事は訪問先のエジプトで「この波がインフルエンザと両方かかる恐れがありますと申し上げてきた。インフルエンザのワクチン接種、オミクロン対応の新しい形のワクチンの接種、両方を進めていただくようお願いしたい」と改めて呼びかけました。