日産自動車のカルロス・ゴーン会長が自らの5年間の報酬約100億円を半分の約50億円に過少申告していた疑いが強まり、東京地検特捜部はゴーン会長ら2人を金融商品取引法違反の疑いで逮捕した。

逮捕されたのは、日産自動車の会長カルロス・ゴーン容疑者(64)と、代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)の2人。

特捜部の調べによると、ゴーン容疑者とケリー容疑者は、2011年3月期から2015年3月期までのゴーン容疑者の報酬が、総額約99億9800万円だったにもかかわらず、合計約49億8700万円と記載した、有価証券報告書の虚偽記載の疑いが持たれている。

特捜部は19日、ゴーン容疑者の逮捕状を取り、事情を聴いていた。

特捜部は、横浜市にある日産自動車の本社など、関係先を家宅捜索していて、今後、報酬を過少申告した動機や経緯について、ゴーン容疑者とケリー容疑者を取り調べるものとみられる。

この記事の画像(2枚)