中国・広東省で撮影された衝撃映像。

この記事の画像(9枚)

アメリカの電気自動車(EV)メーカー「テスラ」のSUVが猛スピードで道路を走っている。

車は自転車と接触し、トラックにも衝突した。

最後はスピンしながら何かにぶつかってようやく止まった。

「テスラ」のSUVが中国・広東省で暴走 5人が死傷

一体何が起きたのか?

映像では、車はまず道路沿いの敷地に停車しようとしているように見える。

しかし、バイクが通り過ぎた後に発進すると、みるみる加速して、そのまま暴走を始めた。

運転手とテスラ社の主張が対立 ブレーキを踏んだかが争点

この事故で2人が死亡、3人がけがをしたという。暴走の原因についてドライバーは…

暴走の原因について、ドライバー側は中国メディアの取材に「駐車しようとしたら、ブレーキが固くなった」と話し、ブレーキに問題が起きたと主張している。

これに対し、テスラ側は運転データによるとドライバーはブレーキを踏んでおらず、アクセルが踏みっぱなしになっていたと反論した。

運転支援システムを使用したとみられるテスラ車の事故で14人死亡

テスラは販売台数が世界No.1の電気自動車メーカーでCEOは最近、Twitter社を買収したイーロン・マスク氏。

ロイター通信によると2016年以降、アメリカでは運転支援システムが使用されていたとみられるテスラ車の事故で14人が死亡していて、道路安全交通局が調査しているという。

そうした中で起きた今回の暴走事故。双方の主張が対立していることから、現在、第三者機関が原因を調査しているという。

(「イット!」11月14日放送より)