10日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は急反発した。

アメリカの10月の消費者物価指数の伸び率が市場の予想を下回ったことで、FRB=連邦準備制度理事会が12月の会合で利上げ幅を0・5%に縮小するとの見方が強まり、ほぼ全面高となった。
ダウ平均は前日比1201ドル43セント高の3万3715ドル37セントと8月中旬以来、約3カ月ぶりの高値水準で取引を終えた。
ハイテク株主体のナスダック総合指数も急反発し、760・97ポイント高の1万1114・15で終えた。