知的障がいのある人たちが競う「スペシャルオリンピックス2022広島」の開会式が広島市で行われました。

広島グリーンアリーナで行われた開会式には、全国からおよそ900人のアスリートが集結しました。
広島の選手団も元気よく入場し、会場からはひと際大きな拍手が送られました。
式では大会会長で元プロマラソン選手の有森裕子さんが選手たちを激励しました。

【スペシャルオリンピックス大会・有森裕子会長】
「今大会のスローガン”Power of Smile”を全身で感じてください。アスリートの皆さん頑張りましょう!」

選手宣誓をしたのは広島県の屋敷陽(やしき あきら)さんです。

【選手宣誓・屋敷陽さん】
「私たちは精一杯力を出して勝利を目指します。たとえ勝てなくても勇気を与えてください」

大会は県内8つの会場で、12の競技が行われ、5日は予選、6日は決勝などが行われます。