かつて呉海軍工廠に置かれ、戦艦大和の主砲身を削りだした大型旋盤が69年ぶりに呉の地に帰還しました。兵庫県から船で運んだその運搬作業に密着しました。

兵庫県播磨町の工場でその時を待っていた一台の工作機械…。

【加藤アナ】
「見えますね!戦艦大和の主砲を削った旋盤がこの目でしっかりと確認できます。やはりこの円形の部品、大きいですね、近くで見ると遠目で見たときよりも迫力が増します」

戦艦大和が誇る世界最大級の主砲身…。呉海軍工廠の砲身工場に設置され、この主砲を削り出したのが大型旋盤「15299機」です。

【大型旋盤を寄贈「きしろ」担当者】
「いまそちらに新しい機械があるところが(今回の大型旋盤が)最後にあった場所」

終戦後の1953年に民間企業に払い下げられ、その後、こちらの企業に移ってからも今日まで大切にされてきた大型旋盤…。現役を引退し大和ミュージアムにとっては開館当初からの悲願となる寄贈が決まりました。

そもそも、大型旋盤とはどのような機械なのか…。今回寄贈される旋盤と同型のものを見せてもらうと…。

【加藤アナ】
「少し高い位置から稼働している旋盤を見てみると、削る部品の大きさによるところもあるとは思うが、それでもこの旋盤のスケール感を感じます。ロマンがありますね」

【大型旋盤を寄贈「きしろ」担当者】
「日本の産業界を支えていた機械我々も関わることができて非常に光栄です。安全な作業をしてほしい。じゃあかかろうか!」

【加藤アナ】
「いまゆっくりとクレーンで吊り上げていきます。遠くから見ているだけでもその重量感を感じます。これからこのクレーンの上の部屋から見せてもらえるということで…」
「地上から見るのとでは全く違う印象を受けますね。大きな歯車のような部品が所狭しと敷き詰められている、そんな印象を受けます」

重さ160トンの旋盤を9つに分解し、部品をクレーンで次々と搬出‥‥。

【寄贈した「きしろ」松本好隆社長】
Qこの旋盤を通してどういったことを感じてほしい
「戦後、平和産業に貢献してきた機械ですから、これで日本の造船を支えたということを感じてもらえたらうれしい」

【加藤アナ】
「運搬船のデッキへとやってきました。格納部分の深さが約5.7mということで高さを感じる。パーツの周りに木枠が見えるがあの木枠を設置することで揺れないように固定する、そのサイズを中で計算をして組み立てていく作業なんですね」

そして今月2日…。船は呉港に到着…。

【鈴木記者】(2日)
「午前8時半過ぎです。いよいよ当日を迎えたがあちらにはいまかいまかとその瞬間を待つ人たちの姿も見えます。そして今、こちら陸揚げするための船も近づいてきています」

実は大型旋盤とともに戦艦大和の建造に関わったと言われるこの船での陸揚げ…。

【県外から来た人】
「当時のものが残っているなんてそれも驚きですけども」
「いやもう感動以外の言葉はないですね。クラウドファンディングもやったのでぜひともしっかりこの目に焼き付けて帰りたいと思いまして」

クラウドファンディングでは予想を上回る輸送・設置資金が集まり、実に69年ぶりに実現した呉への”帰還”…。

【大和ミュージアム学芸課・兼光賢 課長】
「呉港の景色をバックに実物が据えられたことを見ると、やっぱり感慨深い」

大型旋盤は来年3月にお披露目予定です。