旧統一教会の被害者救済の与野党の協議をめぐって、立憲民主党の泉代表が4日、協議が決裂した場合は「内閣不信任に値する」と述べたのに対し、自民党の茂木幹事長は、「党首として極めて不適切、不誠実だ」と厳しく批判し、発言の撤回を求めた。

被害者救済のための法整備をめぐっては、自民・公明両党と立憲民主党、日本維新の会の4党が協議を続けている。
野党側が求める悪質な寄付の要求を規制するための新法について、与党側が1日の会議で、今国会の提出は困難だとの認識を野党側に伝えたことで、野党側は反発を強めている。

こうした中、立憲民主党の泉代表は会見で、「与野党協議が与党の妨害によって停滞している」とした上で、「協議がまとまらないのなら、岸田首相と自民党の重大な国民に対する背信行為だ。内閣不信任に値する」と述べた。

これに対し、自民党の茂木幹事長は4日、記者団に対し、「まさに考え方に隔たりのある部分を埋める作業をしているところだ。『決裂する』と言うこと自体が、(協議に)加わっている党の党首として極めて不適切、不誠実だ」と強く反発し、「強く撤回を求めたい」と述べた。

被害者救済で、与野党がどこまで折り合えるかは不透明だ。