G7(主要7カ国)の財務相は、新型コロナウイルスをめぐり電話会議を行い、麻生財務相は薬やワクチン開発での協力に期待感を表明した。

麻生財務相「感染拡大の早期収束、日本経済、世界経済の力強い回復を目指して、他のG7諸国と連携しつつ対応して参りたい」

会議で麻生財務相は、緊急事態宣言の一部解除や、安倍首相から2次補正予算案編成の指示があったことなどを説明した。

また、前回の電話会議で、日本側が提案した薬やワクチンの特許を管理する組織の設立については、事務レベルでの協議が前向きに進んでいるという。

麻生財務相は、「薬やワクチンは需要が多いため、ジェネリックみたいな方法で合意できると、迅速に普及する可能性が高い」と期待感を示した。