高校球児の夢舞台、夏の甲子園は開催されるのかどうか…

日本高野連が5月20日に発表するとみられる結論を福島県内の関係者も注目している。

新型コロナウイルスの感染拡大をうけて休校が続く磐城高校。

部活動も休止となり、野球部の選手たちは自主トレーニングを続けている。

渡辺監督:「選手達は公園を使ったりですとか、空いている場所を見つけてですね、まとまってキャッチボールをしたり、やっているようですけども。」

この春、新監督のもと再スタートを切った選手たち。

春のセンバツが中止となり出場が叶わなかったため、夏の甲子園にかける強い思いがある。

日本高野連は20日に開催の可否を発表する見通しだが、絶対的な安全を確保できないため中止の可能性が高まっている。

渡辺監督:「『切りかえろ』と言っちゃえばそれまでなんでしょうけど、切りかえられるかといったら、切りかえられないですよね、自分だったら。」

渡辺監督は開催が厳しい状況は理解しながらも中止となった場合に選手たちにかける言葉がみつからないと話す。

渡辺監督:「やっぱりここまで頑張って来た子供達ですので、最悪県大会でもという思いはあります、甲子園も出来れば勿論いいんですけども。」

20日の発表を受けて県高野連は5月29日に会議を開くことにしている。

仮に夏の甲子園が中止となれば県大会の代替案も含めて検討するということ。