技術改良や効率性の向上に貢献した人を表彰する、文部科学省の「創意工夫功労者」に秋田県内から6人が選ばれた。

 2020年度は全国で460人余りが受賞し、県内ではJR東日本テクノロジーに勤務する菅生正孝さんなど6人が受賞した。菅生さんは、列車の車体と台車をつなぐ特殊な部品を取り外す器具を開発し、安全で効率的な作業を行えるようになった。