WHO(世界保健機関)の年次総会で、台湾のオブザーバー参加が中国の反対で認められなかったことについて、菅官房長官は、遺憾の意を表明した。

菅官房長官は、「今回のWHO総会にも、台湾がオブザーバー参加できなかったことは残念であると思ってます。国際保健の課題に対応するにあたっては、地理的空白を生じさせるべきではない」と述べた。

そのうえで、菅官房長官は「引き続き、わが国の立場を主張していきたい」と強調した。