ウクライナ政府は、ロシア軍による発電所への攻撃が相次ぎ、国内の発電施設の40%が深刻な被害を受けたと明らかにした。南部ザポリージャ州では原発の周辺施設が砲撃を受け、建物が爆発・炎上する映像が公開された。

ゼレンスキー大統領も19日、西部の火力発電所など、新たに3つのエネルギー施設がロシア軍に破壊されたと述べた上で、今後、ミサイルやドローン攻撃への対応が必要だとの考えを示した。

こうした中、ウクライナ政府は、全土で午前7時から午後11時の間の電力供給制限を20日から開始すると発表した。

エネルギー相は今後、計画停電を想定する必要があるとの見方を示している。