毎年1,200人以上のボランティアが集い、運営を支え2010年から始まった「すみだストリートジャズフェスティバル」。





「大人の本気の遊びを子ども達に見せたい」という思いで、本イベントは音楽だけではなく様々なジャンルのトップパフォーマーが、そのパフォーマンスで来場者を魅了して、大人たちには驚きを、子ども達には夢と希望を与えるためのハブとなるイベントを目指して続けてまいりました。 



 2022年からコロナ禍のため開催ができずに協賛金も大幅に縮小してしまっていますが、このようなことでこれまで続けてきたイベントを失うわけにはいきません。

コロナ禍を経てさらにパワーアップしたイベントにするため、音楽やイベント等既存のコンテンツに加えて飲食に特化したイベントとして、「すみだワンコインオクトーバーフェスト」を立ち上げ、「すみだストリートジャズフェスティバル」と同時開催するはこびとなりました。



このイベントは完全非営利で行われていて、余剰金は翌年の運営式に回され、赤字の時には発起人の方が補填をするなどして続けて来られました。

東日本大震災の時には、溜め込んでいた運営資金を全額寄付し、現在も収益の10%を東日本大震災の被災地などへ寄付を続けているイベントです。


冒頭でも記載をしていますが、毎年多くのボランティアの方々やスポンサー企業様・地域・個人の方々に支えられて運営を続けてくることができました。





また、開催するにあたり、大阪高槻市で開催している『高槻JAZZストリート』様より、そのノウハウをご教示頂きました。

様々な事をご教示頂くにあたり、町興しを目的とした我々のイベントにおいても高槻JAZZストリートが実践している『全会場入場無料』のポリシーを踏襲させて頂いております。


音楽イベントではございますが、スポーツや文化面・家族で楽しめるキッズイベントなどもコンテンツとして加えているのは、前述致しました『町興し』がキーワードとしてあるからです。





これからも墨田の街や人々にとって、文化・風物詩として愛され続けるイベントとなるよう、本イベントを通じて楽しさと元気を届けていきたいと思っています。


公式ホームページ

https://sumida-jazz.jp/sj/index.html


2019年開催時のフォトギャラリー

https://sumida-jazz.jp/past/2019/gallery.html






行動者ストーリー詳細へ
PR TIMES STORYトップへ
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。