プレスリリース配信元:株式会社クロス・マーケティング

-第2回脱プラスチックに関する調査(2022年)-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に「第2回脱プラスチックに関する調査(2022年)」を実施しました。4月にプラスチック資源循環促進法が施行されて半年経ちますが、普段の買い物ではどのような意識、行動をしているのでしょうか。「普段の買い物やテイクアウトでしているエコ活動」「エコバッグの利用の仕方」「プラスチックのカトラリーが無料配布されなくなった時の行動」「レジでもらえる紙袋についての意識」について聴取し、分析しました。


◆自主調査リリースの続きはこちらへ ⇒ https://www.cross-m.co.jp/report/life/20221005plastic/


■調査結果
普段の買い物やテイクアウトで「エコバッグを携帯している」が6割。<図1>
女性は「エコバッグを携帯している」や「おしぼりをもらわないためにウエットティッシュを携帯している」人が多い。


エコバッグは「用途に合わせて複数持ち歩いている人」が半数。<図2>
「用途に合わせて複数持ち歩いている」「持参したエコバッグに入りきらない分は普段のバッグ等にいれる」など、女性は複数のバッグで持ち帰るが、男性は1つにまとめて持ち帰る人が多い。


プラスチックのカトラリーが無料配布されなくなった時の行動としては「箸が無料でもらえるなら箸を使う」が35.0%。「マイスプーンやマイフォークを持ち歩くようにする」が17.8%、「無料でもらえないなら購入をあきらめる」が17.5%で続く。<図3>
年代別では、40代と60代が「箸が無料でもらえるなら箸を使う」が高い。


レジでもらえる紙袋について、「丈夫なものは繰り返し使う」は60代が4割。<図4>
環境に対する意識の「プラスチックゴミが減って環境にやさしいと思う」は8.0%と低い結果。


◆クロス集計表のダウンロードはこちらへ ⇒ https://www.cross-m.co.jp/report/life/20221005plastic/

■調査項目
□属性設問
□昨今の状況下で、現在、あなたが「してもいい」と思う外出を伴う行動
□普段の買い物やテイクアウトでしているエコ活動
□エコバッグの利用の仕方
□プラスチックのカトラリーが無料配布されなくなった時の行動
□レジでもらえる紙袋についての意識

■調査概要
調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 20~69歳の男女
調査期間  :2022年9月30日(金)~10月3日(月)
有効回答数 : 本調査1,100サンプル                  
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

■会社概要
会社名 : 株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
所在地 : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立 : 2003年4月1日
代表者 : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : マーケティングリサーチ事業、マーケティング・リサーチに関わるコンサルテーション

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当 : マーケティング部 TEL : 03-6859-1192 FAX : 03-6859-2275
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp
≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。