プレスリリース配信元:ボスアーキテクト株式会社

受注平均単価トップのプログラミング言語は「Rust」

ボスアーキテクト株式会社(以下、当社)は2022年9月のフリーランスエンジニアの月額受注平均単価データを発表しました。本調査は、フリーランスエンジニアやデザイナーのための求人・案件サイト「エンジニアスタイル東京」に掲載された10万件を超えるデータをもとに集計したものです。



■フリーランスエンジニアの月額受注平均単価
2022年9月の月額受注平均単価は66万円となり、掲載件数は178,151件(2022年9月29日時点)となました。

また、2022年月9月の掲載されている案件の最高単価は320万円、同最低単価は10万円となりました。

エンジニアスタイル東京:https://engineer-style.jp

お届けする情報は、フリーランスエンジニアやデザイナーのための求人・案件サイト「エンジニアスタイル東京」に掲載されている10万件を超える求人案件を、当社にてデータ化し分析したものです。
 
■フリーランスエンジニアの職種別単価トップはWebエンジニア、AIエンジニア



フリーランスエンジニアの職種別単価トップはWebエンジニアとAIエンジニアとなり、71万円となりました。なお、ITフリーランス全般では、ITコンサルタントやITストラテジスト、セキュリティコンサルなど、上流に関わる職種の単価が高い傾向にあります。
 
DXの推進が社会的な注目を集める中、SaaS企業への注目が高まり、Webアプリケーション開発のニーズが高い今、Webアプリケーションの開発を担えるWebエンジニアのニーズは高い傾向にあります。また、DXを進める上で、コアとなるAI(人工知能)開発を担える人材の市場価値は、依然と高い状態が続いており、Webエンジニアと同様に高い受注単価が特徴となりました。

■フリーランスエンジニアのプログラミング言語別単価トップは「Rust



プログラミング言語別、単価トップは「Rust」になりました。全言語の平均募集案件数1725件に対し、Rust関連の案件は78件と約7%程度に収まっており、案件数は多くないものの、単価が高い傾向にあります。

Rustは、2006年から開発された比較的新しいプログラミング言語で不正なデータアクセスをコンパイル時に防止できる安全性や、並行処理が可能な点、処理速度が早い点が特徴です。

2016年から2022年にかけてStack Overflowが行った年次調査では「開発者がもっとも愛するプログラミング言語」に選ばれており、GoogleやAWS、Facebookなどの大手IT企業も採用しています。

※引用:「Stack Overflow Developer Survey 2022」https://survey.stackoverflow.co/2022/

Webアプリケーションの開発や、APIサーバーの開発など、大規模なシステムやアプリケーションを開発するうえでも、他の言語と比べて安全性が高く、評価されています。

■フリーランスエンジニアの職種別掲載件数トップは「サーバーエンジニア」


サーバーエンジニアは、サーバーの構築・設計、管理保守などを担うエンジニアです。現在、PCやスマートフォンをはじめ、デバイスが多様化し、情報量が増大する中、同時にアクセス速度の向上のニーズが高まっています。

さらに、セキュリティ強化のニーズも高く、案件数が多い結果となりました。ITシステムのインフラを支えるサーバーエンジニアの需要は引き続き高い状態が続くと予想されます。

■フリーランスエンジニアのプログラミング言語別掲載件数トップは「Java」
Javaは、多くのプログラミング言語の中でも代表的な存在で、「Google三大言語(Java、C++、Python)」の一つでもあります。掲載数は38225と高い水準で推移しています。
 
システム開発、Web開発、アプリケーション開発など幅広い用途で使えることが特徴で、多くの企業のさまざまなシステムに使用されており、依然としてニーズが高い状態になっています。特に大企業での大規模システム開発やAndroidアプリの開発に使用されることも多くなっており、引き続きニーズが高い状態は推移していくでしょう。

■フリーランスエンジニアが求められている業界は「通信業界」がトップ
業界別の案件数では通信業界が2366件とトップとなりました。5Gをはじめとした先進通信システムをはじめ、データの送受信量は増加の一途をたどっており、強靭な通信インフラが求められる中、エンジニア需要も高いことが伺える結果です。

※当リリースの内容、データを記事、Webサイトなどでご使用になる場合は出典元として「エンジニアスタイル東京調べ」と必ずお入れください。
※当プレスリリース内の情報は、フリーランスエンジニアやデザイナーのための求人・案件サイト「エンジニアスタイル東京」に掲載されている10万件を超える求人案件をデータ化し、分析したものです。
※今回お届けした情報はすべてフリーランスエンジニアやデザイナーのための求人・案件サイト「エンジニアスタイル東京」(URL:https://engineer-style.jp)にも掲載されています。

■「エンジニアスタイル東京」とは
「エンジニアスタイル東京」は、常時10万件以上の最新案件を、エリア別、JAVAなどの言語別、職種別などの細かいこだわり条件で案件を検索できるのが最大の特徴です。

職種、プログラミング言語、フレームワークなどの案件の相場情報や単価ランキングも公表しております。業界全体の動きなどもキャッチアップしており、お問い合わせいただければ、できる限りの情報提供をさせていただきます。詳しくはメールアドレス(info@bossarchitect.co.jp)までお問い合わせください。

■ボスアーキテクト株式会社 概要
代表者 : 代表取締役 蝦名弘紀
所在地 : 東京都世田谷区奥沢5-1-11 メゾンドジョワ202号
設立  : 2018年10月2日
事業内容: R&D、データ分析、ITコンサル、システム開発
URL : https://bossarchitect.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。