多くの人が慣れ親しんできた、液状のりのロングセラー商品「アラビックヤマト」が不思議なことに。

塗っているのは、パン?

13日、有名文具メーカーとコラボを展開する「へそ文‐HESOBUN‐」が、ウェブショップで販売を開始したのが、その名も、「はちみつアラビックリ!? ヤマト」。

液状のりの代わりに、カナダ産のはちみつが入ったコラボ商品。

しかも、すべて本物のアラビックヤマトと同じ容器を使用。

パンに液状のりを使用する感覚で、手を汚さずに、はちみつを無駄なく、ムラなく塗れるのが特徴。

13日午前10時に販売を開始したところ、用意していた1,000本は、わずか3分で完売。

この状況に、稲本ミノル社長は、「自分で作っておいて、ただのはちみつだと思っていたので、こんな話題になるなんて、アラビックリ!? です」と話した。

瞬く間にSNSでも話題。

「塗りやすそう」
「スプーンいらずで、すごく便利」
「間違ってはちみつでのりづけしちゃうかも!?」

こうした文具とのコラボ商品が、実はプチブームに。

油性マーカーの大御所「マジックインキ」ではなく、「マジックインふりかけ」。

出てくるのは、インクではなく、「ふりかけ」。

まさに魔法。

さらに、懐かしの「サクラクレパス」と、お菓子のコラボ商品も登場。

JR西日本エリア限定販売ということで、お土産物として、人気を博しているという。

そもそも、なぜ今アラビックヤマトと、はちみつをコラボさせたのだろうか。

稲本社長「自宅で自粛疲れがピークの中で、ちょっとユーモアのあるはちみつを使って、家族とかみんなで楽しみながら、甘い時間を過ごしてくれないかなという思いを込めて、この時期に発表した」

現在は、予約受付中。
6月上旬には、配達できる見込み。