新党さきがけの代表や細川内閣の官房長官を務めた武村正義さんが、9月28日に亡くなった。88歳だった。

滋賀県出身の武村さんは、東京大学卒業後、旧・自治省に入省。滋賀県の八日市市長を経て、滋賀県知事を務めた。そして、1986年に自民党から衆議院選挙で初当選した。

1993年には自民党を離党し、政治改革の実現を掲げて鳩山由紀夫氏らと新党さきがけを結成し、代表に就任。日本新党の細川護熙代表を首班とする非自民連立政権で、官房長官に就任した。

その後、自民、社会、さきがけの3等で連立を組んだ村山富市内閣では大蔵大臣として政権を支えたが、2001年に政界引退を表明した。

武村さんは、その風貌から“ムーミンパパ”の愛称でも知られた。

武村さんの家族は2日、報道各社に対し「9月28日 武村正義 88歳、腎不全で亡くなりました。葬儀は親族のみでとりおこないました」「皆さま方には、たいへんお世話になりましたこと心から御礼申し上げます」と文書でコメントした。