プレスリリース配信元:松浦薬業株式会社

漢方薬および健康食品の企画・製造ならびに販売を手掛ける松浦薬業株式会社(本社営業所:愛知県名古屋市昭和区、代表取締役社長:渡辺知幸)の『エキナケアのど飴』は、「月刊ことぶき」(制作 寿出版株式会社、販売 株式会社ドラッグマガジン)10月号特別大企画「読者のみなさま発『お役立ちのこの一品』」において、読者のみなさまより多大なるご支持をいただき、選出されました。






月刊ことぶき特別大企画「読者のみなさま発『お役立ちのこの一品』」について

読者のみなさまから編集部に毎月寄せられるハガキにて「最近、おクスリ屋さんで購入して、役立ったもの」をご記入いただくアンケートが実施され、特に支持の多かった20品が10月号誌面にて紹介されました。






読者のみなさまにご支持をいただけた背景

 今のご時世、マスク装着時の息苦しさやのどがすっきりしないといった違和感、自分が吐く息のモヤッと感で不快に感じている方も多いのではないでしょうか。
 『エキナケアのど飴』は、刺激的なメントールの清涼感が口内に広がり、ノンシュガーで後味がスッキリすることから、爽快感やクールさを特長に、長年ご愛顧をいただいております。今回、爽快感・クールさ・スッキリ感により読者のみなさまの感じる不快感を和らげることが、お役に立つのど飴としてご支持をいただけたポイントではないかと考えます。




エキナケアのど飴の3つの特長

1.5種類のハーブエキス配合
のどに優しい西洋ハーブ(エキナケア)と、古くから親しまれてきた東洋ハーブ(バンランコン、キキョウ、カンゾウ、リュウガンニク)の魅力をぐっと凝縮して生まれた甘さ控えめ後味スッキリのハーブ配合のど飴です。メントールの香りがス~っと「鼻」と「のど」を通り、スッキリ爽快な気分になれます。

2.ノンシュガーで罪悪感ゼロ!
「エキナケアのど飴」に使われている糖アルコール(還元澱粉糖化物)は、難消化性の甘味成分です。ノンシュガーなので甘みが少なく、カロリーが気になる方や甘ったるいのが苦手な方は、罪悪感なく舐め続けられます。

3.甘くない、後味スッキリ!
メントールが強く、甘みが少ないので、一般的な飴独特の後味の甘ったるさは残りません。気づけばずっと舐め続けられる味に仕上がっています。


5種のハーブエキス配合

【エキナケア】
北アメリカ原産のキク科の植物で、平原などに広く自生しています。花は観賞用としても人気があり、世界各地で栽培されています。古くからアメリカ先住民に愛用されており、「ネイティブアメリカンのハーブ」とも呼ばれ、現在も欧米を中心に人気の高いハーブです。

【バンランコン】
菜の花に似たアブラナ科の植物の根です。漢字では「板藍根」と書きますが、「藍」はデニムなど藍染に用いられる色素成分インディゴの原料に利用されていたことに由来します。中国では、寒い時期の健康維持に欠かせないとされる東洋のハーブです。

【キキョウ】
東アジアに広く分布するキキョウ科の植物です。日本では古くから親しまれており、秋の七草としてもよく知られています。鮮やかな青紫色の花は、つぼみの時に花びらがつながったままふっくらと膨らむことから、英語では「バルーンフラワー」とも呼ばれています。

【カンゾウ】
ヨーロッパからロシアやアジアに広く生育しているマメ科の植物です。甘味成分が含まれており、食品の他いろいろな用途に広く用いられています。

【リュウガンニク】
南国フルーツとして有名なライチと同じムクロジ科の植物の果肉です。果肉は果汁が多く白色でやや透明がかったゼリー状で、独特の風味があります。ライチと比べ実が小さく種が大きいため食べられる果肉部分が少なく、多くはドライフルーツとして流通しています。


■エキナケアのど飴/商品概要
商品名       :エキナケアのど飴
メーカー希望小売価格:300円(税抜)
内容量       :52g
販売店舗      :全国の漢方相談薬局・調剤薬局、ECモール、ライフコーポレーション関西、知多半島道路下り阿久比PA・上り大府PAなど

▼Amazonでもお買い求めいただけます。
https://www.amazon.co.jp/dp/B000FQUX74/


■松浦薬業/会社概要
社名   :松浦薬業株式会社
代表   :代表取締役社長 渡辺知幸
所在地  :愛知県名古屋市昭和区円上町24番21号
創業   :1913年 尾張の生田屋系生薬問屋として、薬問屋街の京町で松浦真一商店(屋号山い)を創業
事業内容 :生薬の輸入・販売、一般用医薬品および中間原料の輸入・製造・販売、医薬品・医薬部外品・健康食品の企画・製造・販売・受託
企業サイト:https://www.matsuura-gp.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。