プレスリリース配信元:207株式会社

ラストワンマイル領域における新たな働き方で配送員不足解消か

国土交通省は2022年10月に、運送事業の手段として乗用車タイプの軽自動車の使用を解禁する。 その背景から、無料で使える配送効率化アプリ「TODOCUサポーター」を提供する 207 株式会社 (本社・東京都 目黒区、代表者名・高柳慎也) は、このたび乗用車タイプの軽自動車を使用した配送に関する動向を調査しました。


■ 法律の改正を受けて変化すること



これまで商用車タイプに限っていた配送事業手段が乗用車タイプの軽自動車も解禁され、手段の幅を広げて事業者の経営安定化や新規参入を国土交通省は促しています。

本調査では、オンライン上でのアンケート調査を使用して2022年9月26日~9月30日までの期間において、「軽乗用車で配達ができるならやってみたいですか?」についてのアンケートを1,000名、「お持ちの軽乗用車でどんな条件なら配送をやってみたいですか?」についてのアンケートを200名に対して調査を実施。

<調査結果トピックス>


自宅の軽乗用車で配達ができるならやってみたいという人は58%。
空き時間を活用して収入を得たい人は65%にものぼり、災害やコロナ禍での一時的な配送員不足や長時間労働による専業ドライバーの課題の解消につながる期待が高まる
一方で、配送業務を行うには黒ナンバーの取得が必要となるが、それを知っている人は37%にとどまっている。新規参入のハードルを下げる取り組みにより配送員の新たな働き方が広がる流れが広がる。


アンケート調査をしたところ、自宅の軽乗用車で軽貨物の配送ができるようになるのであればやってみたいという声は58%にものぼり、配送員不足が叫ばれるラストワンマイル領域に新たな風が吹く可能性が出てきた。



どのくらいの時間稼働するならやってみたいかの質問に対しては、週5時間以下または10時間以内という短時間だけ働きたいという声が半数以上を占めており、スキマ時間や土日等の休日を活用して働きたい傾向が見て取れる。

このことから、ギグワーク的に働ける人が増えれば、フルタイムで働く配送員の長時間労働や配送が滞るため休めない等の課題の解消につながるものではと考えられる。

なお、軽乗用車であっても貨物運送に使う場合は黄色ナンバーではなく黒ナンバーが必要となるが、取得が必要だと知らなかった人が63%を占める結果となった。

※ 本調査結果は記事などにご自由にお使いください。

黒ナンバーが必要であること以外にも、軽貨物配送の業務を始めるにあたり、どのような手続きや準備が必要かについてはあまり広く知られておらず、ここが新規参入の障壁となり得る。

軽貨物の配送を始めるには、「貨物軽自動車運送事業」の届出を提出した上で、黒ナンバーを取得するための諸々の手続きを行い、求人サイトや知人の紹介等で軽貨物ドライバーの求人情報から案件を獲得するという流れだ。特に開始するまでの複雑で面倒な必要な手続きを代行・ドライバーの育成・案件のマッチングを行うところで支援ができれば、新規参入のハードルも下がり、配送員獲得につながるものではと考えられる。

今回の規制緩和によってひとつハードルが取り払われることになるため、すでに所有している軽乗用車を流用して、スキマ時間を活用して副業として軽貨物運送に参入する「ギグワーカー」ドライバーの増加が予想できる。フードデリバリーのように、バイクや自転車では一度に多くの荷物を運ぶことは難しかったが、軽乗用車を使用することでより多くの荷物を効率的に運び、より多くの収入を得ることも可能だ。加えて、これまで長時間労働のイメージが強かった軽貨物配送員ですが、配送員の増加で専業ドライバーの負荷軽減にも期待が高まる

配送効率化アプリ「TODOCUサポーター」は、カメラや音声による住所読み取り機能や配送時間指定のピンを地図上に表示させる等、初心者に嬉しい機能が豊富で、基本無料で使える配送効率化アプリ。10月から軽乗用車を使って配達にチャレンジしてみたい方はぜひダウンロードいただき、配送員不足に貢献できればと考えております。
https://todocu-supporter.com/

■調査概要
調査名: 軽乗用車を使った配送に関する実態調査
調査方法:オンライン上でのアンケート調査
調査地域:全国
調査期間:2022年9月26日~2022年9月30日
調査企画:207株式会社

(以上)


■207株式会社 会社概要
207株式会社は、物流業界のラストワンマイルのDXを目指し「配送」部分にフォーカスした事業を展開。アナログで非効率な配送業務を効率化する「TODOCU サポーター」、荷物ステータスのリアルタイム確認ができる「TODOCU クラウド」、テクノロジーを活用した配送サービス「トドク便」を展開。

会社名:207株式会社 (ニーマルナナカブシキガイシャ)
本社:〒153-0063 東京都目黒区目黒3-16-9
設立:2018 1.31
代表:高柳 慎也(Shinya Takayanagi)
mail:info@207-inc.com


207 webサイト https://207-inc.com/
TODOCUサポーター https://todocu-supporter.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。