落語家の三遊亭円楽さんが、肺がんのため亡くなったことがわかった。
72歳だった。

所属事務所によると、三遊亭円楽さんは30日、亡くなったという。

円楽さんは、肺がんの再発など、がんとの闘いに加え、脳梗塞を患い、治療にあたっていたが、8月には高座に復帰。

しかしその後、軽度の肺炎のため入院し、肺がんの治療を再開していた矢先のことだったという。