AIデータ解析・センシング技術事業を行うクウジット株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長:末吉 隆彦)は、未来のライフスタイル(自律分散型社会、循環型社会、ウェルビーイングな社会など)から要請され、それらを実現加速するテクノロジーの1つとして、誰もが持ち合わせる「笑顔」の効能を社会システムデザインに組み込み活用することに着目し、2011年から取り組みを行っています。


クウジットでは、笑顔は、個人や社会の幸せ・ウェルビーイングの代理変数であるという考えのもと、笑顔の効能の一つであるポジティブ感情の向上と伝搬力を用いて、人がマインド変容、行動変容を起こす、きっかけづくりとなるような数々の社会装置づくりのアイデアを形にしています。 (1) 笑顔サイネージ「Smile Magic」、(2) 笑顔計測つき除菌液装置「emmyWash」、(3) 笑顔計測ソリューションなどのテクノロジーを通じて展開しており、「笑顔計測」を活用する社会装置(=社会の接点づくり)のアイデアをこれまでの経験をもとに紹介します。


【アイデア1】笑顔量をソーシャルグッドに組み合わせる

笑顔サイネージ「Smile Magic」は、認識した人の笑顔をスコア化し、定量化することができます。笑顔をスコア化することで、たとえば寄付額を笑顔量で決めたりなどのソーシャルグッドに紐づける施策が具現化できます。

「はたらいて、笑おう。」をビジョンとして掲げる総合人材サービスのパーソルグループは、2022年9月21日に開催された「PEACE DAY2022」イベントブースで、笑顔サイネージ「Smile Magic」を笑顔測定器として設置し、計測した笑顔量を来場者の笑顔に応じて蓄積したポイントとして見立て、寄付する「Smile Donation(スマイルドネーション)」を実施しました。



【アイデア2】笑顔づくりx社会課題解決テーマの掛け算で企画する。笑顔の多い場は創発性も高い。

笑顔計測できる除菌装置 emmyWash。笑顔を判定すると除菌液が噴霧される除菌装置です。笑顔判定機能と笑顔数を記録する機能が搭載されています。笑顔づくりを核に、感染症予防という社会課題テーマが組み合わされた商品で、クウジットは、emmyWash共同企画・開発パートナーの関係です。2022年2月、林業が盛んな岡山県新見市にあるコミュニティカフェ「toi toi toi」を起点に、emmyWashをバトンに見立てて、地域活動をする人たちの間で回しあって活用する「笑顔バトンプロジェクト」が開催されました。ここでは、除菌液の代わりに、地域の課題である未利用材を用いたアロマ蒸留水を用いることで、地域の社会課題をテーマにした取り組みとかけあわせることが行われました。笑顔バトンリレーに参加したコミュニティでは、その後も新しい取り組みが自発的に行われています。笑顔が多い場と創発性は相関するともいわれていますが、笑顔の価値にもとづくコミュニティ、笑顔の関係人口向上施策のきっかけとなった好事例となりました。


笑顔バトンプロジェクトの岡山県新見市コミュニティのみなさん


【アイデア3】時を刻む時計のようにその場の感性値をリアルタイムに可視化する。

人は、「いま何時?」と時を確認するために腕時計や壁掛け時計などで、ときどき時間を確認します。もし、その場の感性値、とくにポジティブな感情が記録され、ときどき確認できるとしたら、私たちのコミュニケーションのありかたも、やさしい方向に変わっていくのではないでしょうか。


2022年9月15日に「デザインx経営」研修イベント(有限会社シークレフ主催)が開催され、笑顔計測ソリューション(オンライン版)が利用されました。シークレフ代表で研修講師をつとめた雙木弘美さんからは、「研修という流動的な場の中で、感性的な場の盛り上がりが可視化されるというのは、講師にとっても受講者にとっても、振り返りに活用できる新しいサポートツールだと感じています。」とコメントをもらっています。


オンライン研修イベントでリアルタイムに笑顔を可視化


【アイデア4】笑顔の計測にもとづいて、さまざまな施策を効果測定する

笑顔には、さまざまな効能があることが知られています。免疫力を高め健康によい、ひいては幸福度が向上する。表情筋の刺激からポジティブ感情が生まれ、「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せである」というポジティブな循環を生み出すフィードバックループ。そして、ポジティブ感情を伝搬させる笑顔の伝搬力。


さまざまな事業やサービス活動は、売上や来場者人数といった金銭的価値や規模で定量化され効果測定されることが多いですが、これら笑顔の効能にもとづき、笑顔度や笑顔の共起という新たな軸で計測し定量化することで、それがどのような質的な効果を生み出すのかを定量的に効果測定することができます。

とくに、地域活性やソーシャル事業など、人の心の豊かさに付随する公共益の効果測定には、この笑顔の力を活用しない手はありません。


2015年、クウジットは、東大i.school と「ハピネスカウンター for ワークショップ」共同研究を行い、笑顔度とワークショップの創発的な場づくりとの関係に技術協力しました。2017年、クウジットは、幸福学の第一人者である慶応SDM前野隆司教授らと「幸せの4因子」に関する対話支援研究の効果測定の一要素として、笑顔計測ソリューションを提供し技術協力しました。


クウジットの笑顔計測ソリューションは、学術的な研究活動の支援のみならず、創発的な場づくりでの効果測定や、高齢者向け施設での効果測定などで活用されています。また、笑顔計測のみならず、他のさまざまなデータとあわせて計測することで、それらのデータを分析し活用する価値も高まります。たとえばクウジットの因果情報分析「CALC」ソリューションで因果を推定することで、次の介入施策のための新たな気づき、インサイトを発見することにもつながります。


高齢者向けの笑顔練習施策の効果測定に用いられた事例


クウジット代表取締役社長の末吉隆彦は、下記のように述べています。

「2022年9月21日は、「国際平和デー(International Day of Peace)」でした。


「平和」は、とても抽象的で大きな概念ですので、いざ平和のためにできることを考えると、一企業としても、一個人としても、その実現までには果てしないギャップを感じて、自分たちに何ができようか、なにから手をつけてよいものかと迷い判断しかねます。では、なにもしなくてよいものか。というと、そんなことはない。「平和」の対義語が「暴力」(戦争や紛争、家庭内暴力などの直接的暴力、貧困や飢餓、環境問題などの環境的暴力、他者への偏見や憎悪、無関心などの文化的暴力)であるならば、一人ひとりが自分ごととなる課題(たとえば、ツーリングやスキー好きなら海や山などの環境問題でもよいし、ペットを飼っていたら犬猫殺処分の問題でもよい)を見つけ、そこから小さな行動を起こすことで世界は変わっていくと考えます。


クウジットは、この7月で15周年を迎え、今後の会社のありかたを社員一同で議論していることもあり、一人一人異なる「平和」に関する思いやアクションを自分ごと、身近な課題に引き寄せるための切り口、テクノロジー支援の手法として、これまでの「笑顔」にまつわる社会装置づくりの活動を通じて得てきたアイデアを広くプレスリリースでシェアしてみようと思い立ちました。


笑顔には、その場を明るくポジティブにするだけでなく、人から人へと伝搬する力があります。この笑顔の持つ伝搬力を活用して「あなたの笑顔が、みんなの笑顔に。」という力を社会システムに埋め込みテクノロジーで実現加速支援していきたい考えています。


笑顔にまつわる社会実装活動を推進する協働パートナーの方々にあらためて感謝いたします。」


クウジットは、今後も、ワクワクする持続可能な未来のライフスタイルに向けて、知的好奇心と妄想力を起点に、センシング技術やAIデータ解析技術を活用したテクノロジーでソリューションを提案、具現化していくことで、社会に貢献してまいります。


■ クウジットについて

企業名: クウジット株式会社

URL: https://www.koozyt.com/

代表者: 代表取締役社長 末吉 隆彦

事業内容: データ解析、機械学習、センサー技術を用いたITソリューション事業


■笑顔の貯金箱「emmyWash」

emmyWash(エミーウオッシュ)とは、笑顔の貯金箱というコンセプトで企画された、笑顔を感知すると除菌液が噴霧する装置です。全国に設置されたemmyWashで10万回の笑顔が貯まるごとに、教育機関に1台寄付されています。笑顔づくりと感染症予防と同時に社会貢献できる「笑顔の循環経済」を生む社会装置であり、社会に笑顔がめぐる仕組みを提供します。


※emmyWashについて

https://www.emmywash.com/


■笑顔サイネージ「Smile Magic」

笑顔サイネージ「Smile Magic」は、カメラに映った表情や「笑顔度」に応じて、様々な視覚効果などのインタラクションを発生する機能が用意されており、イベントや商業施設などに合わせたデザインや機能を組み込んだ上で提供することが可能です。撮影した写真のプリント機能や画像アップロード機能も搭載しており、エフェクトを重ね合わせた写真を体験者に持ち帰りいただくことも可能です。


※Smile Magicについて

https://www.koozyt.com/service/smilemagic


■ 笑顔計測ソリューション

ワークショップやイベント、高齢者施設、オンラインミーティングなどの場において、参加者の笑顔の比率や推移、笑顔の共起度(ともに笑いあう)を計測・分析することができます。笑顔を計測、可視化することは、その場が活力にあふれ、創造性も高く、また幸せ・ウェルビーイングな場としてデザインするための指標の1つになります。リアルの場の盛り上がりを測ったり、オンラインでも計測することができます。


※笑顔計測ソリューションについて

https://www.koozyt.com/service/sensing_solutions/smilescale


■ 因果情報分析「CALC」ソリューション

CALCは複雑なデータ間から、直接的に作用している関係を導き出し可視化します。

AI による予測では、来月の売上が上がるか下がるかの予想はできても、なぜそうなるかの要因は示してくれません。予想に寄与する変数を教えてくれる方法もありますが、その変数を操作しても結果は変わらない(相関関係はあるが因果関係はない)こともよく起こります。CALCは、相関関係だけではなく因果関係の有無を判断するアルゴリズムにより、直接的に関係している変数の関係を可視化してくれます。これにより、何の変数が他の変数にどのような影響を及ぼしているかを理解することができるようになります。


※ CALCについて

https://www.koozyt.com/service/data_analysis/da_calc


※「Smile Magic」は、クウジット株式会社の商標です。

※「emmyWash」は、マイネム株式会社の商標です。

※「CALC」はソニー株式会社の登録商標です。

※「Smile Magic」、「emmyWash」および「笑顔計測ソリューション」は、ソニー株式会社が開発した顔画像認識技術を利用しています。

※「CALC」は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)が開発した技術で、株式会社電通国際情報サービス(ISID)、ソニーCSL、クウジットの3社による業務提携に基づき提供されています。

※その他の社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。




行動者ストーリー詳細へ
PR TIMES STORYトップへ
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。