夜明け前のアパートをうろつく、不審人物を捉えた防犯カメラの映像。鍵を確認するかのような行為は、何が目的なのでしょうか。

午前4時…スマホでドアノブ照らす「不審な男」

午前4時に、スマホの明かりでドアノブ付近を照らす不審な男
午前4時に、スマホの明かりでドアノブ付近を照らす不審な男
この記事の画像(9枚)

9月28日午前4時過ぎ、東京・三鷹市のアパートで撮影された映像。
そこには、暗闇の中、アパートの外廊下を歩く男の姿が。手にスマートフォンを握りしめ、一番奥の部屋の前で立ち止まります。スマホの画面でドアノブの辺りを照らすと、上からのぞき込むような仕草を見せています。男は周囲をグルリと見渡すと、その場を後にしました。

このとき、住人である夫婦と小さい子供3人は、部屋の中で寝ていたといいます。

住人:
スマートフォンに通知がくるカメラで、朝起きたら通知がきていて。おかしいなと思って確認してみると、ちょっと不審な男が映っていた。

管理者:
チェックしたら、不審な男が入っていくところと出て行くところが鮮明に映っていました

人など動くモノを感知すると、スマホに通知が届くという防犯カメラ。
住人は、午前4時すぎに来た通知に不信感を抱いたといいます。そこで、アパート周辺に設置されていた防犯カメラを確認。
するとそこには、見たことのない人物の不審な行動の一部始終が記録されていました。

帰宅するかのようにアパートに侵入

まるで帰宅するかのように自然な様子で敷地内に侵入
まるで帰宅するかのように自然な様子で敷地内に侵入

まずは、出入り口に設置されたカメラ。画面の上から歩いてきた男が、アパートの敷地に入ってくる様子が映っています。まるで、帰宅するかのような自然な様子。

一番奥の部屋で扉の様子をうかがう男
一番奥の部屋で扉の様子をうかがう男

次のカメラには、周りの様子をうかがいながら、一番奥の部屋に向かう男の姿が。そして先ほどの住人の部屋の前に立ち止まり、5秒間、扉の様子をうかがっているように見えます。

外階段で2階に上るも、急いで降りてくる様子が。その後別の建物に入っていった
外階段で2階に上るも、急いで降りてくる様子が。その後別の建物に入っていった

外階段を上って、今度は2階へと向かいました。この時、映像から男の姿が消えると、2階の方から「ガタッ」という音が。その直後、男が急いで階段を降りてきました。出入り口のカメラには、男がアパートを離れ、別の建物に入っていく様子が映っていました。

カメラが捉えていた男の行動は、約2分間。今のところ、住民から盗難などの被害の訴えはないといいますが、若狭勝弁護士によると、正当な理由がなくアパートに入った場合、建造物侵入の罪に問われる可能性があるといいます。

専門家「侵入に必要な物を確認か」

それだけではありません。映像を見た防犯の専門家は…

防犯アドバイザー 京師美佳 氏:
侵入する際の下見をしているように見えます。
明るく照らしている部分と、ドアに映っている顔の目の方向からすると、やはりシリンダーと、あと、ドアのノブを見ているように見えますので。どちらのメーカーのどのタイプの鍵なのかっていうのを見て、例えば道具ですね。バンピングで侵入するのか、またはピッキングなのかっていうところでも、メーカーさんによって使う種類が違ってきますので、必要な物を持ってくるために確認しているのではないかと思います

さらに、専門家が気になったというのは、廊下を歩く男の様子。

泥棒だったら非常階段付近を好むと言うが…
泥棒だったら非常階段付近を好むと言うが…

防犯アドバイザー 京師美佳 氏:
普通は泥棒とかだと非常階段付近を好むんですけれども、この奥まったところでわざわざこの態度をとっているっていうことは、このお部屋に何かしら侵入する理由があると思うんですね

防犯カメラを確認した住人が住む、1階奥の部屋がターゲットとなっている可能性を指摘します。1カ月ほど前、置き配されていた荷物が盗まれたため、カメラを増設したという住人。28日、警察に相談したといいます。

1カ月程前には、置き配の荷物が盗まれたという
1カ月程前には、置き配の荷物が盗まれたという

住人:
一番奥なんで、なかなかそこまで入ってこないと思う。もし鍵がかかっているかどうか見ていたとすると、鍵が開いていたなら入っていたと思う。時間的にも寝ていた時間なので、命に関わることがあったらと思うと怖いですよね

専門家によると「防犯グッズにはセンサーが反応して音や光が出る物もあるので、ぜひそういったものも活用してほしい」ということです。

(めざまし8 9月29日放送)