日中国交正常化から50年を迎えた29日、都内で開かれる経団連や日中友好団体主催の記念レセプションに、岸田首相は出席を見送り、林外相が出席し挨拶する見通しとなった。複数の政府関係者が明らかにした。

安倍元首相の国葬参列のため来日した中国の国政助言機関・政治協商会議の万鋼副主席は28日、松野官房長官と面会した際、岸田首相と習近平国家主席がお互いに祝電を送ると明らかにしている。

記念レセプションにはこのほか、日本側から福田元首相、自民党の二階元幹事長、中国側から孔鉉佑駐日大使らが参加する予定。

新型コロナウイルスの世界的流行や米中対立の影響などにより、日中首脳の対面での会談は安倍元首相が2019年12月に訪中して以来、3年近く実現していない。

松野官房長官28日、今後の日中首脳会談の予定について「現時点で決まっていることはない」とした上で、「日中間では様々な対話が行われており、今後とも対応を継続していく」と述べるにとどめた。