安倍総理大臣は14日、秋田を含む39県の緊急事態宣言解除を表明した。秋田県は対策本部会議を開き、一部の業種で続いていた休業要請を全て解除する事を決めた。

 秋田県は14日午後6時半から対策本部の会議を開き、今後の対応を協議した。会議では、14日までとしていた接待を伴う飲食店やスポーツクラブなどへの休業要請を延長しない事が報告された。

 一方で、引き続き県をまたいだ移動や多くの人が集まるイベントの開催を自粛するよう呼び掛ける。

 秋田県内では、13日までに16人の感染が確認されているものの、4月中旬を最後に新たな感染者は出ていない。