岸田首相は26日、安倍元首相の国葬に参列する各国首脳らとの「弔問外交」をスタートさせた。

岸田首相は26日午後、東京・港区の迎賓館で、国際エネルギー機関(IEA)のビロル事務局長と会談。27日の国葬に参列する各国首脳らとの「弔問外交」をスタートさせた。

26日には、アメリカのハリス副大統領と、緊迫化する台湾情勢やロシアのウクライナ侵攻について協議するほか、ベトナムのグエン・スアン・フック国家主席らと会談する予定。

「弔問外交」は28日まで続き、岸田首相が会談する海外要人は、30人を超える見通し。