立憲民主党の岡田克也幹事長は25日、フジテレビの「日曜報道 THE PRIME」で、安倍晋三元首相の国葬について、国葬でなく内閣葬なら「反対しない」と述べた。

岡田幹事長は、岸田政権が安倍元首相の国葬を閣議決定したことについて、「内閣の行う内閣葬ではなく国葬というからには、国会の意見も聞かなければならない。吉田茂元首相の国葬の時も、非公式に野党の意見を聞いている。今回それが全くないままに内閣だけで決めてしまっている」と指摘した。

そして、国葬ではなく内閣葬で行われるなら「反対しない」と述べた。

一方、国葬の法的根拠に疑念を示す岡田幹事長に対し、番組に同席した自民党の小野寺五典元防衛相は、「内閣として内閣府設置法に基づいてできると判断した。手順に瑕疵があるから反対だというのはとても残念だ」と述べた。

立憲民主党は、国葬について、執行役員の欠席を決めているが、野田佳彦元首相や玄葉光一郎元外相が国葬の出席を表明している。

岡田幹事長は、「国のリーダーの葬儀なので、政治家一人一人色々な思いがあっていい。自分の判断で決めてほしいと言っている」と、執行役員以外の出欠は拘束しない方針を強調した。

その上で野田氏らの出席表明について、「党の決定の中でどう判断するかは、それぞれの政治家に任せられている」と容認する姿勢を示した。