中国政府は、今月 27 日に行われる安倍晋三元総理大臣の国葬に、国政の助言機関・全国政治協商会議の万鋼副主席が参列すると発表した。

中国外務省の汪文斌報道官はきょうの会見で、万氏の参列を発表し、日本側に対して「新時代の要請にふさわしい中日関係の構築に向けてともに努力することを望む」と呼びかけました。万氏は、中国共産党の党員ではなく、中国国内での政治的影響力は小さいとみられています。

汪報道官は、人選の理由には触れませんでしたが習近平指導部は、台湾をめぐる安倍元総理の過去の発言や日本政府の対応に反発していて、政治的影響力が小さい万氏を参列させることに決めたとみられます。