今週、UHBは持続可能な社会を作るSDGsの取り組みをお伝えしています。

 9月23日はSDGs、17の目標のうち、7番目の「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」、13番目の「気候変動に具体的な対策を」です。

 9月23日の舞台は、十勝の音更町。

 二酸化炭素排出の削減にもつながる、クリーンな自然エネルギーを使ったマンゴー栽培が行われています。

 世界規模で進む地球温暖化。

 特に北海道は世界でも温暖化が進んでいる地域で、100年前に比べると北海道内の平均気温は1.6度も上昇しています。

 温暖化が進むことで猛暑になったり、台風の影響を受けやすくなったり、流氷が来なくなるなど、気候変動の影響がはっきりと現れてきました。

 そんな中、十勝の音更町ではCO2の排出を抑えた、世界でも珍しいマンゴー栽培が行われています。

 ノラワークスジャパン 中川 裕之 社長:「石油には頼らない」

 なぜ南国のフルーツ、マンゴーの栽培が可能なのか。

 そこには自然エネルギーと地元の気候を生かした栽培方法がありました。

 田中 うた乃 記者:「本来であれば春から夏にかけてなるはずのマンゴーが、今このようにたくさん実っています。これから冬にかけて、マンゴーもどんどん大きくなるということです」

 十勝の音更町の「ノラワークスジャパン」。

 12月の出荷に向けて、マンゴーが徐々に大きくなってきています。

 なぜ、音更町で南国のフルーツ、マンゴーの栽培が可能なのでしょうか。

 その答えが、音更町の自然が生む温泉と雪のエネルギーです。

 ノラワークスジャパン 中川 裕之 社長:「これが温泉なんです。冬にこれを利用して、ハウスの中を暖めるというエネルギー活用ですね」

 さらに、別の場所には…。

 ノラワークスジャパン 中川 裕之 社長:「真冬に雪をためる世界最大級の『雪氷庫』なんです」


 南国のフルーツとはいえ、マンゴーはほかの果物と同じように四季の気温の変化が成長には必要です。

 冬の寒さがあることで実をつけることができるのです。

 マンゴーの産地として有名な宮崎県では、冬にはマンゴーを休眠させ、夏に実を成長させます。

 音更町はまったくの正反対。

 夏に雪を利用してマンゴーを休眠させ、冬に温泉熱を使って成長させるのです。


 なぜ、自然エネルギーの利用を考えたのでしょうか。

 ノラワークスジャパン 中川 裕之 社長:「元々は石油販売業をやっていて、石油は世界的に悪、環境に負荷をかけている商品だっていう時代に、自分のやっていることが本当にこれでいいのだろうかと思っていた。その時に、石油は使わないでマンゴーを作ることが出来ないかって、一番最初に思った」

 最初は半信半疑でしたが、実際に始めてみると十勝がマンゴー栽培に適した土地だと分かってきたといいます。

 ノラワークスジャパン 中川 裕之 社長:「冬に作るということは、害虫がいなくなってくるので、その時期に農薬を使わなくても済むっていうことが分かった。十勝は日照時間が長いので、マンゴーだけでじゃなくて亜熱帯の作物を作る条件は整っている」


 CO2の排出を抑えた、世界でも珍しいマンゴー栽培が続けられています。

 ノラワークスジャパン 中川 裕之 社長:「地球環境にいかに貢献しながら、農業ができるかを考えていきたい」