ツイッターで話題となった動画。
女性が掃除機をかける中、大きな鳥が静かに座っている。

オーストラリア原産で、ダチョウに次いで世界で2番目に大きい鳥「エミュー」。

羽が退化して飛べないが、最高時速50km近くで走る。

このエミューは、日本の古民家で、飼い主の女性と2人暮らし。

テレワークをする飼い主を見守ったり、同じ布団で眠ったり、夏には「流しそうめん」ならぬ「流しキュウリ」を楽しんだりと、何をするにも一緒。

ちなみに、個人で飼っても、法律上問題ない。

エミューの飼い主「寂しがり屋なところがかわいいですね。わたしがちょっと見えなくなると、すごく探し始めて、バーッて走ってくるんですよ。それがすごくかわいいなと思います」

いつから一緒なのかというと、生まれる前の卵から。

牧場で購入し、ふ卵器で温めること、およそ2カ月。

2021年の春、元気に生まれた。

暮らし始めて1年半、友だちでも、子どもでも、恋人でもある、かけがえのない存在だという。