高松市の高速道路で23日朝、交通取り締まりをしていた覆面パトカーが自損事故を起こしました。乗っていた警察官2人にけがはありませんでした。

23日午前9時ごろ、高松市田村町の四国横断自動車道上りで、49歳の巡査部長が運転する交通取り締まり用の覆面パトカーが、カーブでスリップして左側の壁などに衝突しました。パトカーは前のバンパーが大破しましたが、乗っていた警察官2人にけがはありませんでした。現場では約1時間、片側車線規制が行われ、パトカーを撤去しました。

パトカーは、前方の追い越し車線の車が加速したため、追跡してスピードを計測しようと加速したところだったという事です。

当時現場付近で雨は降っていませんでしたが、路面は濡れていたという事で、香川県警は、濡れた路面でスリップしたのではないかとみて事故の原因を調べています。県警は「今後こういう事のないよう、訓練や指導を徹底していきたい」としています。