群馬・伊勢崎市の住宅で高齢男性の遺体が見つかった事件で、警察は殺人事件と断定し捜査本部を設置した。

21日夕方、伊勢崎市・大正寺町の住宅で、この家に一人で暮らす有坂鉄男さん(90)、が血を流して倒れているのを親族が見つけ119番通報した。

有坂さんは廊下に倒れていて、その場で死亡が確認された。

警察によると、司法解剖の結果、有坂さんの死因は頭と顔への打撃による外傷性ショックで、頭の骨は折れていたという。

遺体が発見される前の日には、有坂さんが自宅にいるのを親族が確認していた。

警察は殺人事件として捜査を進めている。