東京オリンピックをめぐる贈収賄事件で、組織委員会の元理事が、大会マスコットのぬいぐるみについても、都内の会社が製造・販売できるよう、働きかけていた疑いがあることがわかった。

関係者によると、受託収賄の疑いで逮捕されている大会組織委員会・元理事の高橋治之容疑者(78)は、都内のぬいぐるみ会社が大会マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」のぬいぐるみを製造・販売できるよう、組織委に働きかけた疑いがあるという。

「ミライトワ」と「ソメイティ」は、最終候補に絞られたうえで、全国の小学生の投票で大会マスコットに決められた。

この会社から高橋容疑者側には、数百万円が提供された可能性があるということで、東京地検特捜部が、資金提供の趣旨を調べているものとみられる。