サッカーワールドカップのカタール大会をおよそ2カ月後に控え、日本代表が現地で練習などをするベースキャンプ地を取材した。

日本代表のキャンプ地となるのは、ドーハ市内にあるカタール1部の強豪「アルサッド」の練習場。

グラウンドは2面あるほか、各種マシンを備えたトレーニングルームや、マッサージや治療をするための部屋もある。

さらに、ジャグジーも設置されているほか、卓球台やビリヤード台などリフレッシュできる設備もあり、ここで調子を整えながらワールドカップに臨むことになる。