東京国税局は新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金をだまし取ったとして逮捕・起訴された25歳の職員を懲戒免職としました。

懲戒免職処分を受けた東京国税局職員、塚本晃平被告は2020年、仲間らと共謀し新型コロナの影響で収入が減ったと嘘の申請をして国の持続化給付金あわせて200万円を騙し取った罪に問われ起訴内容を認めています。

処分を直接告げられた塚本被告は「迷惑をかけて申し訳なく思っています」と話したということです。

東京国税局は「国税職員が不正受給に加担した行為は信頼を大きく失うものであり深くお詫びします」と謝罪し再発防止策の強化に取り組むとしています。