将棋の里見香奈女流五冠(30)が、女性初のプロ棋士を目指して挑む「編入試験」五番勝負。
その第2局が行われた。

プロ入りを決めるには3勝することが条件だが、第1局は、惜しくも敗れた里見女流五冠。

第2局の相手は、岡部怜央四段(23)。

序盤から里見女流五冠が不利な形勢で、途中、巻き返す場面もあったが、132手で里見女流五冠が敗れた。

里見女流五冠「大事なところで間違えてしまったので、仕方ないかなと思います」

これで2敗となり、あとがなくなった里見女流五冠。

第3局は10月、大阪市の関西将棋会館で行われる予定。