「線路内に物を置く行為は犯罪です」。
この警告文が掲げられた踏切で事件は起きた。

現場は、福岡・糸島市のJR筑肥線。

8月30日の午後9時半過ぎ、線路近くに設置された防犯カメラの映像では、画面左側から現れた横断歩道を渡る人物が、自転車を押している様子がわかる。

この人物はすぐ近くの踏切に向かう。

そのまま踏切を渡るかと思いきや、線路内にとどまり、何やらもぞもぞ。

次の瞬間、押してきた自転車をその場に横倒しに置いたのだ。

そしてこの人物は、線路内に自転車を置いたまま、今来た道を引き返し、車が次々と通る道路を小走りで横切って、去っていった。

それから約20分後。
この踏切に電車が近づいてきた。

線路には自転車が放置されたままだ。

そして、警笛が鳴らされたあと、衝撃音のような音が。

電車は自転車と衝突し、少し先で停車した。

その後、34分間の緊急停止を余儀なくされたという。

この事件によるけが人はいなかった。

警察が捜査したところ、別の事件で逮捕されていた、無職の斉藤絢香容疑者(28)が捜査線上に浮上。

警察22日、斉藤容疑者を電汽車往来危険の容疑で再逮捕した。

斉藤容疑者は「イライラしてやった」と容疑を認めているという。

現場周辺では、今回の事件前に「踏切にブロックが置かれている」などの通報が複数寄せられていて、斉藤容疑者の犯行かについても、警察で調べを進めている。